FC2ブログ

Fractal Peace

ただいま料理、観劇に熱心に取り組んでいます どちらも新米です… たまに経済のぐちを言ったりします

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2008年ハンガリー

F1最高です。

ここ2年ほど、宝塚に通っていたので、少しF1から遠ざかっていましたが(ドライバーズ・ポイントはチェックしていましたが)、改めて、ハンガリーグランプリを見て、F1が好きだと、自覚しました。

さて、F1。

シーズンが始まると、世界各地をF1マシンが回り、レースを行います。
8月3日に行われてたのは、第11戦目のハンガリーグランプリです。

F1は、世界を回りながら何を競っているのかというと、年間の、ドライバー個人の優勝(ドライバーズ・チャンピオン)と、チームの優勝(コンストラクターズ・チャンピオン)です。

各チーム2台のマシンとドライバーで参戦します。
そして1グランプリ8位までのマシンにポイントが付与されます。

毎グランプリは、金、土、日の3日間開催で、金、土が予選で決勝のグリッド(スタート地点の位置)を予選で競い、予選で一番速かったドライバーが、日曜の決勝で一番前のポール・ポジションにつけます。

さて、ハンガリーGP。
スタート時点でのドライバーズ・ポイント首位は、マクラーレンチームのルイス・ハミルトンです。(最近テレビCMに出てますね~)
ハミルトンといえば、因縁の対決になってしまった、元マクラーレンチームの、現在ルノーに所属するフェルナンド・アロンソ。アロンソは2005年、2006年とルノーにてドライバーズ・チャンピオンを獲得。2007年にマクラーレンに移籍したのですが、2007年デビューのハミルトンと、ハミルトンを擁護するチーム監督と折り合いが合わず、2008年再びルノーに戻りました。

ハミルトンもアロンソも、どちらも超速くて、実力のあるドライバーなので、トップ争いの中で今回もその二人の闘いが私的に見所の一つでした。連続して走っていると、緊迫感が高まります。

が、やはりF1はそれ以外にもドラマがたくさん。

ハンガリーGPは70周の勝負。
レース序盤。スターティンググリッド(スタート位置)3位のフェラーリチームのマッサが、前のグリッドのマクラーレンの2人ハミルトン、コバライネンのマシン2台を抜き、トップへ。
ハミルトンは追い抜きを心かけるも、中盤40週を過ぎたあたりで、突然左前のタイヤがパンク。
やもなくピットイン。タイムロス。
彼はピットインの間に10位まで順位を下げましたが、さすがハミルトン!追い抜き、追い抜き、5位で入賞。

レース終盤。
一位はフェラーリのマッサ。
彼はハンガリーで優勝すると、ドライバーズ・ポイントの首位に立てるので、どうしても優勝したかった。
順調に周回を重ねて、あと2、3週という所で、突然マシンが止まる。エンジントラブル。

見てて、ええぇえ~~!?と夜中ですけど、叫んでしまいました

結局ハンガリーGPは、そこまで2位だったマクラーレンのコバライネンが1位に。2位はトヨタのグロック。3位フェラーリのキミ・ライコネン。4位がアロンソで、5位がハミルトンでした。

マッサはポイント付かず、今ドライバーズ・ポイントは3位です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://fractalpeace.blog116.fc2.com/tb.php/54-aec909e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。